ワイモバイルのポケットWiFiを海外で使う!

海外出張で現地から連絡をとりあったり、海外旅行での写真をリアルタイムに友達に届けたいなんてことはよくありますよね。そんな時にワイモバイルのポケットWiFiがあるとスマートフォンやパソコンからインターネットにアクセスできるようになりとても便利です!そんなポケットWiFiの海外での利用についてまとめてみました。

 

 

海外で使うなら国際ローミング

 

ワイモバイルではポケットWiFiやスマートフォンを海外で利用する人のために国際ローミングというサービスを提供しています。サービス利用料も特にかからず、申し込み不要で誰でも利用できます。ただし注意点として、通信料は別途発生し料金も利用する地域によって異なるので事前に調べておきましょう。

ちなみに2015年12月時点での国際ローミング対応のポケットWiFiは以下の機種になります。

 

401HW、305ZT、303HW、GL10P、GL09P、GL08D、GL06P

 

 

レンタルWiFiとの違いは?

 

最近では海外出張や海外旅行者向けに、現地で使えるWiFiルーターをレンタルしている事業者もあります。多くの場合1日単位での定額制となっているので、短期間で大容量の通信をする人に向いているといえます。一方ポケットWiFiであれば通信量に応じて金額がかかるため、現地のWiFiと併用する場合に向いているでしょう。使い慣れた機種がそのまま海外でも使えると、余計な手間がかからないのもポイントですね!

 

 

現地でのフリーWiFiとの違いは?

 

国によっては空港やホテル、カフェなどでフリーWiFiが普及ていることも多いです。お店や公共施設が提供しているWiFiだとその場所毎にユーザー登録が必要になりますが、最近だと国によっては一度登録するだけでエリア内ならどこでもフリーWiFiに接続できるサービスもあります。しかし一番のデメリットはその場所でしか利用できないこと。慣れない異国の地ではマップや乗り換え案内アプリが必需品ですが、調べるために毎回お店に行くのはかなり面倒です。そんな時ポケットWiFiがあれば歩きながらマップや乗り換え案内が使えるようになるのでずっと便利です!

fjdkajgnke

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です